第三局:コロナ世代の就職活動を終えて...

就活日記の更新をようやくすることにしました。第○局って書いてるのはブログ書いている本人が将棋が好きだからです。応援している藤井聡太棋士はいつのまにか二冠になっていました。

エントリーシートって何書けばいいの?

就活を始めるタイミングは人によって異なると思います。僕の周りは僕自身を含めて動き出すのが遅かったと思っています。まず、就活が始まってよーいドンでエントリーシートの構想を考えていると間違いなく苦しみます。なので、早めの準備が大切だと大学側も言っています。ですが、自己分析シートなどの胡散臭いことはしなくてもいいです。大切なのは、自分がどんな人間で、どんなことに興味があって、大学ではどんなことをしてきたのかを適切に企業側に伝えられるかが重要なのであって特に何かしなければならないということではありません。

エントリーシートの質問例

だいたいの企業は同じようなコピペ設問で学生のことを知ろうとしています。そのような設問で学生をどの程度把握できるのかは分かりませんが、面接官はエントリーシートの内容とその人の言っていることを照らし合わせていると推測しています。

 

▶ とある通信業界のエントリーシートでの設問です。もちろん、企業名は出せないので伏せてお送り致します。

① あなたの性格(強みと弱み)

② 企業・仕事選びであなたが一番重要だと思うポイント

③ 学生生活の中で、「他者」、もしくは「社会」のために情熱をもって取り組んだエピソード

④ 社会に出て何を実現したいか?

▶ エンタメ業界のエントリーシート

① アルバイト経験

② 志望理由

③ 入社後に経験したい部署について、その理由も教えてください

④ 10年後のあなたのキャリアプランについて、「どこで」「どんな仕事をしていたいか」教えてください

⑤ あなたが熱意を持ってチャレンジしたエピソードを教えてください

⑥ あなたが仲間と写っている写真を添付し、その仲間とのエピソードについて教えてください

▶ 金融業界のエントリーシート

① 当行を志望する理由、また当行でどのような活躍をしたいか?

② 趣味や資格

③ 企業選びのポイント

④ ゼミ・選考の具体的な活動 

▶ IT業界のエントリーシート

① 志望動機

② あなたのことを漢字一文字で表現してください。また、その理由を簡単に説明してください

③ 各欄で表現できなかったこと、その他特に強調したい事柄 

質問事項を踏まえて

変わった企業にエントリーするとグラフで自分の特徴を数値化するなんていうエントリーシートなんてものもありますが…、基本的に上で紹介した質問事項をしっかり考えておいて、それを四百文字程度でまとめることができていれば就活が始まりよーいドンで焦ることはないと思います。

次回予告

次回は箸休めに僕のアルバイトの話でもします。エントリーシートにどうやって組み込んだかも踏まえて書く予定でいます。それではまた近いうちにブログ更新します。

 

 

 

【太鼓の達人】SwitchのタタコンをパソコンにUSB接続できるのか?

九月に入って暑さが少しだけ和らいだと思ったら……、また地獄みたいな暑さが戻ってきました、はやく涼しくなって欲しいです。

今回は太鼓の達人タタコンを購入したので気になっていたパソコンにUSB接続することは可能なのかを実証してみました。また、その時の反応もレビューします。

タタコンの見た目

従来のものよりも反応がいいという評判を聞きます。実際それが正しいのかどうかも今回は検証してみます。また、下部にコントローラーが付いたのが大きな特徴ですかね。あまり使わない気がしますけどね。(右が旧タタコン、左が新しいSwitchのタタコンです)

f:id:kuro_haruka43:20200906133451j:plainf:id:kuro_haruka43:20200906133639j:plain

USB接続の方法

USBポートにそのまま差しただけではパソコンには接続されません。入力しているキーを割り当てるソフトが必要になります。コントローラーで太鼓さん次郎とかをやったことがあるひとにはお馴染みのソフトかもしれませんね。

 起動するとこういう風な画像が出てきます。タタコンを接続するとこのボタンという部分が黄色く光ります。光っていたら正常に接続できています。

f:id:kuro_haruka43:20200906134639p:plain

面を叩くとボタンの「11」と「12」が反応します。太鼓さん次郎ではお馴染みかもしれませんが割り当てるボタンは「J」と「F」です。キーの配列を見ればどっちが右か左かは分かると思います。縁を叩くとボタンの「7」と「8」が反応します。こっちに当てはめるボタンは「K」と「D」です。

 実際に使ってみて反応は?

実際に使ってみた感想としては無反応が多いけどそれなりには使えるというレベルでした。個体差があると思います。今度は中身を改造してみることにしますが改造して反応が良くなるかは微妙なところです。

【検証結果は動画に乗せてあります。文字だけでは分かりにくいと思った方はこちらを参考にしてみてください】


【太鼓の達人】SwitchのタタコンをPCにUSB接続して叩いてみた【TaikoCatsCaffe】

『事故物件 恐い間取り』を実際に見てきた感想!

本当は「Heaven's Feel」の三章の方が気になっているんですが、「事故物件」も観たかったので、欲に負けて「事故物件」の方から観てきちゃいました。ジャンルはホラーと呼べるかは微妙なところですが「本当にあった怖い話」に雰囲気は似ているなと思いました。

 事故物件 恐い間取り

公式ホームページとPVがこちらですね


映画『事故物件 恐い間取り』【予告】8月28日(金)全国公開

 あらすじ

ざっと話の物語をまとめておきます。話の物語の軸となるのは、芸人の二人組とその芸人を応援している女の子です。物語の冒頭で芸人二人組の片方がライターになるからと言ってコンビは解散となり、残された芸人は売り込むネタのために「事故物件」に住んでみることになります。事故物件に住み、動画を回してみると怪奇現象がカメラに映り込みます。瞬く間にその映像は話題になり、「事故物件住んでみた芸人」としてブレイクするが……。

事故物件の概要(ネタバレ有り)

映画を観るのを楽しみにしている方は絶対に見ないでください。実際に劇場で映画を観ることをお勧めします。一軒目の事故物件ですが、女の人が男の人に殺されたという物件でした。最終的には、赤い女の怨霊が電話を交わしている芸人双方から見え、驚いた二人とも交通事故に遭いました。特に怖い描写はなかったのですが、驚いたのは立ち入り禁止の六階から四階に降りてきた殺人者が斧を振りかざすシーンの効果音。日本の映画って恐怖感情を煽るよりもびっくりさせる要素の方が強いんですね(伝わるかな?)。二軒目は息子が祖母を殺したという事故物件。祖母を殺そうとする息子のシーンがリアルだったのと霊感のある女の子が洗面台に吸い込まれていくシーンはかなり印象に残りましたね。三軒目はその物件では頭痛が起こり首を吊ってしまうという物件で、本作の主人公(芸人)も同じように首を吊りますが、首を吊る寸前で霊感のある女の子がインターフォンを押して回避します。四軒目はよく分からなかった。この四軒目のせいで台無しになってる気がする。

実際に見てきた感想

事故物件の一軒目から三軒目はかなりリアリティがあって面白かったです。ですが、四軒目の怨霊オンパレードからの事故物件をめぐりめぐって憑りついた死神のような怨霊と対峙してお線香でバトルを始めた描写ははっきり言って蛇足だと思いました。オチにするにしてももっとマシな展開はなかったのかな……って、一軒目から三軒目までは実話で、四軒目の創作で雰囲気をぶち壊した感が否めなかったです。下の画像のような死神が物件に現れて、芸人ふたりと霊感のある女の子で退治する感じ。

f:id:kuro_haruka43:20200902225325g:plain

 

「青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない」の舞台散策してきました!

お久しぶりです。生存報告のためにブログを更新しようと思います。気まぐれな投稿頻度だと分かってはいるんですけどね。今回は自分の趣味のひとつである聖地巡礼のブログを書いていきたいと思います。

青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない

先日、2019年6月15日に公開された「青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない」の聖地巡礼をしてきました。映画の公開からもう一年経ったんですね。映画館で泣きそうになったのを今でも覚えてます。


「青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない」本予告

 

聖地の場所

聖地の場所は藤沢駅から江ノ島七里ヶ浜といった湘南・鎌倉エリア。観光地として多くの人で賑わう場所です。過去にも僕は聖地巡礼を行っており、何度も藤沢駅七里ヶ浜江ノ島を散策しました。今回は映画のカットを回収しましたが、アニメ版の動画も紹介しておきます。


【聖地巡礼】青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ないの舞台を訪れてみた(七話時点まで)


【聖地巡礼】青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ないの舞台を訪れてみた(最終話まで)

 

藤沢駅

まずは藤沢駅からになります。過去の動画で藤沢駅は工事中で残念な感じになっていましたが一年経った今回は工事は終わっていました。上の写真は藤沢駅構内で下の写真は北口のバスターミナルです。

f:id:kuro_haruka43:20200830234045j:plain

 

f:id:kuro_haruka43:20200830234123j:plain

江ノ島駅から新江ノ島水族館

まず、上の写真は事故現場です。新江ノ島水族館に行く道中にあります。ラーメン屋が目印になりますね。下の写真は新江ノ島水族館への行くための交差点付近の写真なので分かりやすいと思います。

f:id:kuro_haruka43:20200830234251j:plain

f:id:kuro_haruka43:20200830234255j:plain

 

 七里ヶ浜駅/七里ヶ浜

本当は七里もない七里ヶ浜ですね。波の音に耳を傾けながら一年前の聖地巡礼のことを思い出してました。まあ、気温三十度を余裕で超えていたのでマジで暑くて死にそうだったんですがね…。

f:id:kuro_haruka43:20200830234817j:plain

f:id:kuro_haruka43:20200830234825j:plain

 

森戸海岸/SCAPES THE SUITE

逗子駅からバスで葉山にあるSCAPES THE SUITEというレストランに向かいました。ここは翔子さんがウエディングドレスを着た場所ですね。実際に四階のテラスの情景も同じなんでしょう(入らなかった)

 

f:id:kuro_haruka43:20200830235157j:plain

f:id:kuro_haruka43:20200830235155j:plain

まとめ

一応、今回の聖地巡礼の様子はyoutubeの動画にまとめてあります。過去に四十作品ほどの聖地巡礼をしてきました。もし、興味があれば再生リストから再生してみてください。また、近々ブログアップします。


【聖地巡礼】青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない【藤沢駅周辺/七里ヶ浜編】


 

かぐや様は告らせたいとコラボしているロイヤルホスト秋葉原店に行ってきたお話

完全に気まぐれでブログを書いているので、筆が進んでいく日はこうやってどんどん記事を更新できるんですよね。まあ、少しずつ外出するようになってきたのが大きな要因ですけどね。外出すると必然的に書こうと思うネタが増えるわけですよ。

かぐや様は告らせたい 

最近まで二期の放送をやっていた「かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~」が、ロイヤルホスト秋葉原店とコラボしてるという噂を聞きつけまして行ってきました。行ってきた日付は「アングスト/不安」を観た日と同じでお昼ご飯を食べるためによったという感じです。アニメ作品とのコラボはやっぱり秋葉原ならではですよね。あっ、作中では内装として登場していました。ちなみに、外観はロイヤルホスト高輪店らしいです。

コラボの内容

気になるのはコラボの内容ですよね。主はコラボのメニューは頼まずにクッキーを買って帰りました。こういうコラボ系のメニューって高いんですよね。第一弾の画像が上ですが、いまは下の第二弾のメニューになっています。クッキーを購入すると真ん中のコースターが付いてきます。また、コラボのメニューを頼むとそれ以外の八種類からランダムで付いてくるらしいです。f:id:kuro_haruka43:20200717185653j:plainf:id:kuro_haruka43:20200717194458j:plain

実際に行ってみた感想

店内にかぐや様の展示があったり、実際に会長やかぐや様などの生徒会メンバーが座っていた席にはパネルが置いてあったり、コラボメニューだけではない楽しみもあったので、聖地巡礼が大好きな自分にとっては感激でした。県外からの移動が厳しい状況ですので、コラボの雰囲気だけでもと思い動画を撮ってきました。もう一つの動画は一期の聖地巡礼動画になります。良かったら見てください。


【聖地巡礼】ロイヤルホスト秋葉原店と「かぐや様は告らせたい」がコラボしていたので行ってきました! 【Akihabara Royal Host/Love is War】

 


【聖地巡礼】かぐや様は告らせたいの舞台を訪れてみた(三田駅周辺/新橋駅編)

『アングスト/不安』がリバイバル上映。実際に観てきた感想を語ります

雨が止みませんね。就活日記は箸休めさせていただきます。

友人と新宿でとある映画を観てきました。作品名は「アングスト/不安」、ジャンルはホラー、製作されたのはオーストリア、実際の事件を元に描いた作品だそうです。そして、上映されてからすぐに反社会的内容だとして公開中止になり、今年日本でのリバイバル上映が決定、一昨日それを観てきました。あらすじを絡めて、その感想を綴りたいと思います。

「アングスト/不安」とは...

元の題名は「鮮血と絶叫のメロディー/引き裂かれた夜」という題名だったらしく、冒頭でも紹介した通り、1983年にオーストリアで作られた映画です。下の映像が今回放映された「アングスト/不安」の予告編です。また、公式サイトのホームページもリンクで貼り付けておくので興味がある方は覗いてみてください。


映画『アングスト/不安』予告編

 

angst2020.com

 

さて、本編のお話の方ですが、主人公は完全な狂人です。何度も殺人を繰り返し行っており、人生の半分を刑務所の中で過ごしている。その殺人には動機がない。彼は「人を殺すことに関して快感を感じる」と劇中のプロローグでは紹介されている。その歪んだ心は少年時代の親族からの暴行が原因であり、その結果、彼には人を殺すことで快感を得るという歪んだ人格が生まれ、狂気の殺人鬼としていくつもの殺人を犯す。その殺人事件のひとつがこの映画の主な内容である。

上映はシネマート新宿ほか

上映していた場所は新宿三丁目にあるシネマート新宿。そこしか上映していないと思われる。それと、時期が時期だけに映画館は空いているのかなと思っていたけれど、割と観に来ている人が多くてびっくりした。もちろん、感染症対策のために座席が一席分空いていたため通常より人は少なかったけど。

f:id:kuro_haruka43:20200717160726j:plain

映画を観た人にしか分からないですが、映画で出てきたシーンを再現していました。

ちなみに、主は事前情報を頭の中に入れていたので、この現場を見ただけでどこのシーンなのか分かっちゃいました。また、予備知識として頭の片隅に入れていたのは「犯罪行為がお粗末」、「カメラワークが不気味」、「犬が可愛い」、「無性にソーセージが食べたくなる」などでした。どれも映画を観終わった後には共感できましたね。

実際に観てみた後の感想(ネタバレ無しver)

この項目ではあまり物語の内容には触れません。まだ公開中の映画ですので、自分が思った映画に対する感想を書こうと思います。

まず、最初に印象に残ったのは感想サイトでも書かれている通り、カメラワークの不気味さですね。通常の映画と違って角度がやや下から撮影されており、演者さんとの距離も近かったです。また、映像自体がわざと手振れを起こしているように思えました。

また、バックで流れている音楽も緊迫するシーンで流すにはちょっと合っていないような奇妙な違和感を感じました。ネタバレ無しだとこれくらいでしょうか。安心して欲しいのは描写はそこまでエグイものではなかったです。ですが、これは個人の問題です。一を十と捉える方もいますし、十を一と捉える方もいます。自分はグロい描写に対してあまり抵抗がないですし、そういう映画やアニメを色々と観ています。少し特殊な方なのかもしれません。

実際に観てみた後の感想(ネタバレ有りver)

こっちは本編の内容に突っ込むので見るからには自己責任でお願いします。

まず、映画を観て違和感を感じたのは、主人公が行った殺人のお粗末さです。主人公は「何回も妄想してきた、今度は頭の中には完璧な犯行が浮かんでいる」みたいなことを作中で豪語しています。ですが、実際は行き当たりばったりの殺人です。偶然乗り込んだタクシー運転手の首を靴ひもで絞めようとするが失敗、その後に偶然辿り着いた家に侵入するまではいいんですが、周囲を見渡して最大限に警戒していた割にはガラスを平気でぶち破って家に上がり込みます。あの場面で周囲に音バレてないのかちょっと気になりました。しかし、それを含めた上での異常なのかもしれないですね。自分の企てた計画がまるで完璧なように思えてしまう。そして、最後のシーンは解釈するのが難しそうですが、自分は「他人に対して殺した死体を見せることで快感を得るために行った行為なのではないか?」と考えました。

これが実際に起こった事件を元にしていると考えると背筋が凍りますね。フィクションではないからこそのリアリティがあり、犯行の稚拙さも物語のように作られたものではないからこその違和感なのかもしれません。

 

 

第二局:コロナ世代の就職活動を終えて...

さて、久しぶりの更新になってしまいました。記事の冒頭で、先に言っとけば良かったなと後悔していますが、主は相当の気まぐれ屋です。いざやろうと思いたてさえすればやる気のエンジンがかかるんですが、肝心なエンジンがかかり始めるまでに時間がかかるんですよね。一回目の記事は六月中旬に書きましたが...、もう七月ですね。

 

 

コロナへの企業の対応

コロナの対策に関しては、企業によって異なった。極論を言えば、対応が柔軟な企業とそうではない企業である。

前者の企業は、説明会を開催することが難しい現状を受け止め、即座に選考も説明会もWEB上でのものに切り替わった。また、後者の企業は採用の見送りや中止などもあり、かなりの就活生が戸惑ったと思う。

また、僕自身も企業から選考の延期のお知らせを電話やメールでもらった。特にいつ再開するかも書かれていないメールに先行きが不透明だとも思った。特に、受けた企業の具体的な名前は出す予定はないが、業種はアニメーション制作会社だったり、エンタメ業界だったりするとだけ記載しておく。

 

オンライン面接でのツール

さて、話は脱線するのだが...、主に自分が就活で使っていた。いや、企業側に指定され、自分のパソコンにインストールしたツールを紹介していこうと思う。

まあ、オンラインでの授業で使ったことのあるお馴染みのツールであると言えばだいたいは察しが付くだろう。 

就職活動中に僕がインストールしたツールは「Zoom」とMicrosoft社が開発した「teams」だった。

 

zoom.us

www.microsoft.com

 

自社製のWEB面接ツールを使うと言ってきた企業もあったが、システムが重いという重大な欠陥を抱えており、結局「繋がらない」とかの理由でてんやわんやして「Zoom」に切り替えるような場面もあった。きっと、採用者側もネットでの面接や会社説明会は不慣れで探り探りの状態なのだろう。そして、オンライン面接は対面での面接では起こりうることのない事故がWEB面接では起こる。

例えば、急に無線が繋がらなくなったり、アプリが強制終了したり、画面に自分の顔が表示されなくなったりする場合もある。

 

実際にオンライン面接で起きた事故

実際に自分が体験したオンライン面接だからこその事故をここには書いておこうと思う。

とある会社の二次面接を受けているとき、向こう側の通信環境の影響でこっち(主側)の映像が映らなかったらしい。そして、こっちの画面には鮮明に向こう側(採用者側)の映像が写っていた。要するに、片側だけ見えている状態だ。率直な感想を言おう。滅茶苦茶、冷や汗を掻いた。画面に映っていたのは、五十代くらいのおじさんだ。そんなおじさんがジッとこちらを見つめ、険しそうな表情で画面から目を離さないのだからマジでビビった。こっちからは挨拶しているが...、マイクが聞こえていない。応答もない。こういう予期せぬトラブルが普通に起こりうるんだなぁとも思った。

結果的には、その面接官のおじさんはとても気さくな方で二次面接も通ったのでホッとしたが...、間違いなく今までの面接の中では一番ビビったのは事実だ。

 こうした体験はたとえ想定していても焦ると思う。

 

将来の就活の行方は?

結局、来年はオンライン面接やオンライン説明会を継続するのか、はたまた従来通りの対面での面接やイベント会場での説明会に戻すのか、結局のところ企業側がこの期間の面接や説明会をどう感じたかに委ねられるだろう。

個人的な感想を言えば、会社説明会をオンラインにしてくれたおかげで、わざわざ都内に交通費を払って出て、説明会を聞くだけならネットに情報をそのまま流してくれた方が財布にも足にも優しいのは確かだ。

また、選考に関しても同じ理由で「一次面接」や「二次面接」はオンラインのままでも問題ないんじゃないかと思う。まあ、最終面接は対人にすべきだとは思う。なぜなら、一度も企業の様子を見ずに内定をもらうのは不可解に思えるし、会社の雰囲気も訪れないと分からないからだ。

まあ、これは自分自身がネット面接に対してそんなに抵抗がないからこその意見だ。普段から自分は「Discord」という通話アプリを使用して友人とやり取りをしているため、オンライン面接での環境設備は人よりも充実していた。

その中でも、約二万円のコンデンサーマイクは大活躍だった。面接が始まった瞬間、面接官の開幕第一声は「置いてあるマイク凄いね」だったり「他の人に比べてすごくマイクの音声が聞き取りやすいよ」だった。

マイクの音質どうこうで合否に影響を及ぼすとは到底思えないし、そもそも思っちゃいないのが、面接官に対するウケは良かった印象だ。

また、マイクの話題で場が和むし話を繋げやすいというメリットもあった。採用側からしてみれば、マイクが篭っているよりもハッキリ聞こえている方が心象もいいのだろう。おそらく需要は無いと思うが...、使っていたコンデンサーマイクAmazonのリンクを下に貼っておこうと思う。

 

 

 

うーん、かなり話が脱線しましたね。何の話してたか忘れました(笑)

第一局の文章を見返したら...、どうやら、エントリーシートとの格闘の話を書く予定だったらしいですね。ここからエントリーシートとの格闘話を書くと想定していた字数を余裕で超えていきそうなのでやめます。次回は、実際に企業に提出したエントリーシートを引き合いに出しながら記事を書こうと思います。